大学受験といえば、センター試験を考えなければならない人が多いと思います。センター試験対策は、まず、その試験範囲の広さをカバーする知識を身につけることです。センター試験自体は、実際の大学受験と比較すれば簡単な問題が多いのですが、試験範囲が大変広いので、どこから手を付ければいいのか分からないというケースが多いようです。受験塾や受験専用の家庭教師についていれば、当然、センター試験についての対策も行ってくれますが、自分で勉強していると情報も殆ど得られず不安な事と思います。一般的に、受験勉強は早ければ早いほど良いと言うのはよく知られていますが、中でも特によく言われるのが、「2年生の夏休みから」という言葉です。多くの場合、夏休みが明けたら本格的に勉強を始めようと言う人が多いので、それより一足先に、せっかくの膨大な時間を受験に使いましょうという意味で言われてきました。センター試験は、ご存知の通り、マークシート方式です。また、「比較的簡単な問題が多い」というのもよく聞くと思います。しかし、だからと言って、安心は出来ません。マークシート方式は、1箇所塗る列を間違えるだけで、以後全部ずれていくという怖い一面があるテスト方式です。ですから、マークシート方式のテストに慣れる練習も、是非行っておきたいですよね。それに、範囲が広いと言う事は、苦手分野を早めに克服しておかなければ、後々厳しい事になります。そういった意味でも、やはり一日でも早く対策を始めるのがベストと言えます。